asa-meal*

*家族と食べるゴハン・パン・育児のことなど 日々の出来事を綴っています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
豚肉ときのこのつくね
つくね


焦げ目がしっかり付き過ぎてしまったけれど、見た目よりもとーってもふんわり
ジューシーなつくねです。
今回は買っておいた豚バラ肉を使ったので、挽肉のものよりもさらにふんわりジューシー!
さっぱりといただきたかったので、味付けは塩のみにして
上に大根おろし・なめ茸・紫蘇をのせて和風仕上げです。

*****************************************

 < 材料 >  5人分

 ・豚バラ肉            300g

 ・しめじ             1パック
 ・えのき             1パック
 ・玉葱              1/2個
 ・生姜              3cm角くらい

 ・お麩                6個
 ・卵                 1個

 ・酒               大さじ2
 ・塩               小さじ1/2

 ・サラダ油           小さじ2

  ・大根おろし・なめ茸・紫蘇  お好みで

 < 作り方 >


 1 フードプロセッサーに豚肉を入れ、かなり荒めの挽肉状にしボウルにうつす

 2 縦横半分に切った玉葱・石づきを取ったしめじ・えのきもほぐしながらフードプロセッサーへ
   全て入れ荒めのみじん切り状にする

 3 1へ酒と塩を加え肉全体がまとまった感じになるまでよく揉みこみ、
   生姜をすりおろしたもの・溶いた卵・細かくちぎったお麩も加えてよく混ぜる

 4 3に2の野菜を加え全体が馴染むまで混ぜる

 5 4をお好みの形に整え、フライパンにサラダ油を入れ強めの中火で片面に
   しっかりとした焼色をつけ返す

 6 返したら、弱めの中火に変えフタをして中まで火を通す

*****************************************

1個が3~4口で食べられる大きさのものならば、フタをして5~6分すれば
中までしっかり火が通っていました。
味付けも、塩を調整してポン酢で食べたり甘辛いタレ味にしても・・・と色々なバリエーションが
楽しめます。


一緒に台所に立つのが好きな息子。
たまにほんと勘弁して・・・あっちで遊んで待っていて!!!!と思う時もあるけれど、
やっぱり自分が参加して作ったものには食いつきも違うので、後片付けは相当な覚悟をして
出来そうなものは一緒に作ってみます。
今回はフードプロセッサーのスイッチ係。しめじほぐす係。卵を割る係。に参加してもらいました。

もっと小さい頃は、ミキサーの音にビックリして泣いていたけれど、
今ではフードプロセッサーの振動に「オォォっ!」とちょっとビックリする程度。

「このきのこなーんだ?」と聞けば

「わかんない!」と答え

「しめじって言うんだよ!」

「ふーん。しめじぃ・・・へぇ~」といっちょまえな答えが返ってきたりして
なかなか面白いのです。
今日も参加してくれたからか、とっても良い食べっぷり!

いつか後片付けも覚えてくれたら・・・と密かに願う母でした。





レシピブログさんのランキングに参加しています。
↑をクリックで応援してくださると、とても嬉しいです!

 
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/19(月) 17:31:05 | | #[ 編集]
鍵コメ17:31さんへ
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

遊びに来てくれていたなんて、とっても嬉しいです!ありがとう♪


なかなか会えなくなってしまったけれど、
6月か7月から持ち寄りに参加したいな♪
みんなと会えるのも楽しみだし、授業のような刺激も
たまには受けておかないと!(笑)

レシピはなぜかよく眠る前に思いつくの・・・
1日の終わりまで食べ物のことを考えているみたい(笑)

リンクぜひぜひっ!
私もいただいて良いかな??
2008/05/20(火) 23:36:12 | URL | asa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。